腹部超音波検査

 超音波腹部超音波検査はエコー検査とも呼ばれ、超音波を用いておなかを調べる検査です。
高い周波数の音波を皮膚の表面に当てることで、はね返ってくる音波(エコー)を画像化し、臓器や血管の状態を調べることができます。

腹部超音波のメリット

  • 検査に伴う痛みがない
  • 放射線による被爆がない
  • リアルタイムな状態を観察できる
  • 検査時間が短く、気軽に受けられる など

観察できる臓器

  • 肝臓
  • 膵臓
  • 胆のう
  • 胆管
  • 腎臓
  • 脾臓
  • 膀胱
  • 前立腺 など