院長 阿部 康弘

Yasuhiro Abe

担当日:月〜木曜日
担当科:消化器内科、内科、小児科

2021年10月より院長に就任した阿部康弘です。
私は東山町で生まれ、東山町で育ちました。勤務医時代は胃と大腸の内視鏡検査・治療を専門として、内視鏡を軸に内科診療に携わってきました。常に「可能な限り苦痛が少なく、より確実な検査」を提供することを目指しています。また、高血圧や糖尿病の管理は患者様と同じ目線で長くお付き合いできるよう心がけています。自分の学んできたことで地域へ貢献しつつ、成長を続けたいと考えています。

どうぞよろしくお願い致します。

[ 資格 ]
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本医師会認定産業医
内視鏡下嚥下機能検査研修修了
緩和ケア医師研修修了
臨床研修指導医
難病指定医


[ 経歴 ]
2011年 獨協医科大学医学部医学科卒業
2011年 芳賀赤十字病院 初期臨床研修医
2013年 岩手県立中央病院 消化器内科
2015年 宇都宮記念病院 消化器内科
2018年 羽生総合病院 消化器内科
2020年 羽生総合病院 消化器内科 医長
2021年 医療法人弘誠会 阿部医院 院長


院長業績紹介

原著論文

  • Endosc Int Open 2018 Feb: 6(2): E254-256. Extended cold snare polypectomy for small colorectal polyps increases the R0 resection rate.

論文

  • 当院での極細径内視鏡による胃がん検診の精度 消化器がん検診学会誌 V0154 (4) , Jul. 2016 p528-538
  • Digestion April 2019 101(3):1-7. A Potassium-Competitive Acid Blocker-Based Regimen as Second-Line Therapy Improves Helicobacter pylori Eradication
  • Gastroenterology May 2019 156(6):S-530-S-531. Su1286 – A Potassium-Competitive Acid Blocker-Based Regimen As Second-Line Therapy Improves Helicobacter Pylori Eradication
  • Ann Intern Med. Aug 2019 20;171(4):229-237.  2019 Jul 16. Continuous Anticoagulation and Cold Snare Polypectomy Versus Heparin Bridging and Hot Snare Polypectomy in Patients on Anticoagulants With Subcentimeter Polyps: A Randomized Controlled Trial

学会・研究会発表

  • 2013.02. 第40回 日本集中治療医学会学術集会総会
    「エアーガンによる下部消化管損症例の検討」
  • 2013.10. 第86回 日本消化器内視鏡学会総会
    「コーラによる溶解療法を試みた胃石の2例」
  • 2016.02. 第12回 日本消化管学会総会学術集会
    「当院におけるコールドスネアポリペクトミー導入についての検討」
  • 2017.10.  JDDW2017 第94回 日本消化器内視鏡学会総会
    「10mm未満の0-Is型ポリープに対するExtended cold snare polypectomyはR0切除率を増加させる」
  • 2018.02.09 第14回日本消化管学会総会
    「当院におけるCold snare polypectomyの現状」
  • 2018.04 ESGE days 2018(Budapest, Hungary)
    「Extended cold snare polypectomy for small colorectal polyps increases the R0 resection rate.」
  • 2019.11 第357回 日本消化器病学会 関東支部例会
    「10mm未満の大腸ポリープに対する抗凝固薬継続下cold snare polypectomyは術後出血を増加させない - 多施設無作為化比較試験」
  • 2021.05 第101回 日本消化器内視鏡学会総会
    「Gel immersion endoscopyにおける適切なデバイス選択についての検討」

理事長 阿部 昭弘

Akihiro Abe

担当日:金・土曜日
担当科:内科、小児科、婦人科

少子高齢社会の今日、お年寄りが健康で、安心して長生きできるような慢性疾患の診療と生活指導、若い方々には健康で楽しい生活ができるように生活習慣病予防のための指導及び診療、そして大事な子どもたちが心身とも健全に成長できるような初期診療及び疾病予防を目指します。

さらに、女性においては、産婦人科医としての長年の経験を生かして、生涯のトータルヘルスケアなどを取り入れた診療を行います。

また、地域医療の一環として地域の特別養護老人ホームと養護老人ホームの嘱託医、乳児検診の担当、さらに学校医、幼稚園医、事業所の産業医などの役割を果たしつつ、ホームドクターとして地域の皆様とともに歩んで行きたいと考えています。

加えて、患者さんの安心・安全のために、必要に応じて速やかに病院や専門医との連携を図るための努力を日々積み重ねています。

医院紹介

「名勝 猊鼻渓(げいびけい)」に近接する外来のみのクリニックです。

地域に支えられ2021年をもって開院より100周年を迎えました。長年通院されている方や、新しく医療を必要とする方、皆様へ世代を超えたかかりつけ医として安心して受診いただけるよう心がけます。

沿革

  • 1921年
    前院長の祖父が現在地に開業
  • 1935年
    前院長の父が後継、内科・小児科を営む
  • 1977年10月
    前院長が後継し、産婦人科を増設
  • 2004年
    病室を閉鎖し、外来のみのクリニックに転換
  • 2011年3月
    東日本大震災で被災(大規模半壊)、自宅を改装し診療継続
  • 2012年5月
    新施設落成し、診療再開
  • 2015年7月
    消化器内科診療開始
  • 2021年10月
    現院長が後継

設立理念


QOL(生命・生活の質)を尊重した医療を基本とし、ホームドクターとして地域に信頼される医院、患者さんに愛される医院、スタッフ一同が常に笑顔で、誇りと責任を持って働ける医院づくりを心掛ける。