上部消化管内視鏡検査とは

 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)は口または鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を内側から観察する検査です。腹痛や食欲不振といった症状の精密検査、がんや潰瘍の治療後のフォローアップとして行われます。 

適応となる症状

・おなか、みぞおちの痛み 
・食欲不振
・胸焼け、胃酸があがってくる 
・お腹の張り
・喉や胸のつかえ感 
・黒い便がでる(黒色便)など 

わかる病気 

・逆流性食道炎 
・胃炎 
・胃・十二指腸潰瘍 
・食道がん、胃がん
・胃ポリープ 
・ピロリ菌感染の可能性など 

定期的に受けられる内視鏡検査を提供したい 

 過去に検査を受けて問題がなかったとしても、数年後には新たに病気が出現している可能性があるため定期的に検査を受けることが望ましいです。しかし、一般的に辛い検査としての認識が強く定期的に受けることが億劫になりがちです。 

 当院では「これならまた受けられる」と感じていただけるように、より楽でより確実な内視鏡検査の提供をできるよう工夫をしております。ぜひ一度ご相談下さい。