ピロリ菌とは

 正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ(=Helicobacter pylori)」です。
 感染により慢性胃炎を引き起こし、将来胃がんの原因となることがわかっています。また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・リンパ腫の原因となることもあります。

簡単に言うと

「胃に感染して胃癌や胃潰瘍などの病気になりやすい胃に変化させてしまう細菌」です

感染している期間が長ければ胃炎が進行し、どんどん胃癌が発生しやすい胃へ変化してしまうためなるべく若いうちに除菌を行うことが望ましいです

ピロリ菌検査について

 一関市では市の事業としてピロリ菌検査を行っており、ピロリ菌検査を行ったことがない方は是非受検をご検討ください。

 また、市の事業の対象でない方は自費や保険適応の検査についても相談が可能です。
 基本的に保険適応は内視鏡検査でピロリ菌の感染が疑われた場合となります。
 

 検査方法は採血や便を用いた方法や尿素呼気試験といった検査法があります。内服している薬や煩雑さによって適切な検査方法が変わるため適切と思われる方法を提案いたします。

除菌療法

 ピロリ菌の除菌療法も行っております。お気軽にご相談ください。